A seed for the next

embracing our love

“project”

【JAPONIC Project】

石川県羽咋市のブランディング仕掛け人高野誠鮮氏(「ローマ法王に米を食べさせた男」著者)が提唱する「JAPONIC」。不殺生と利他の心という日本人の精神性に根ざした、自然との調和によりその恩恵をいただく健やかな農業。それを有機農業を超えた「Beyond the Organic = JAPONIC」として、新たにブランディングし世界へ発信していく。
我々 A seed for the next はその範疇を農業・食に限らず、医療・美容・建築・林業・伝統文化・伝統工芸・教育・社会システム・地域コミュニティなどのあらゆる世界において、利他の心に基づく健やかな共生を創造するものを全てJAPONICブランドとして統合し、連動して健やかな世界を築く取り組みとして発展させる活動を高野誠鮮氏と協働。

 

—————————————————————————-

 

【SEKIKAWA BIODIVERSITY PROJECT】

大和不動産株式会社が新潟県関川村に保有する3万坪の森を拠点に、里山に健やかなコミュニティを創生するプロジェクト。自然栽培による農業、木造高層建築と連動する林業、地域の伝統文化や人的資産を活かしたアクティビティなど、生業レベルの産業を組み合わせ、地方都市と里山の間に循環型経済圏を創出。合わせて自然栽培農業と蜜源植生を整備し、人と自然が真に共生する生物多様性のサンクチュアリを創造。
また、かつて「関谷学園」という日本初のフリースクールが生まれた地である関川村において、教育の再生を図るための新しい教育システムの開発とその提供機関の創設にも取り組む。

地元の人たちが制作する関川村の魅力満載の英語版情報誌「Sparkle」、ただいま第2号制作のためのクラウドファンディング開催中!

https://www.makuake.com/project/sparkle2/

 

—————————————————————————-

 

【種子島・デトックス・アイランド・プロジェクト】

種子島に古来より伝わる伝統の砂浴療法。8時間海辺の砂に身を埋めて行う伝統的デトックス法を軸に、自然食・伝統医療・自然美容法・自然建築・造園などの要素を組み合わせ、宇宙自然の恩恵を存分に堪能できる本格的リトリート施設・プログラムの開発による地方創生。
種子島は米の原種が日本へ初めて伝わった地である。また島名に「種」が入っていることや、島という隔絶可能な環境を活かし、自然栽培普及と固定種・在来種のシードバンクを設立し、サンクチュアリィを創造する。

 

—————————————————————————-

 

【自然栽培・自然農法支援コンサルティング】

様々な自然栽培農家、自然栽培関連団体、養蜂家、造園家、研究者などをコーディネートし、全国各地の生産者や生産団体へ自然栽培・自然農法確立のための支援活動を行う。

 

—————————————————————————-

 

【インドネシア・ロンボク島での農業支援・環境教育】

リゾート開発や慣行農法の流入などによる急速な西洋化で、ゴミや農薬による環境汚染や健康被害が拡大。その解決のために現地法人や日本企業などと協働で、自然栽培中心のオーガニック農法によるカカオやココナッツ・マンゴーなどの栽培を指導。生産物は輸出向けに製品化し、高付加価値の六次産業化と先進国へのフェアトレード整備も。また現地で活動するNPOと協働での環境教育の仕組みづくり、ゴミ処理システムの構築にも取り組む。